トップページ

お知らせ

この文章はダミーです。文字の大きさ、量、字間、行間等を確認するために入れています。
詳しくはこちら

この文章はダミーです。文字の大きさ、量、字間、行間等を確認するために入れています。

これはサンプルページです。同じ位置に固定され、(多くのテーマでは) サイトナビゲーションメニューに含まれる点がブログ投稿とは異なります。まずは、サイト訪問者に対して自分のことを説明する自己紹介ページを作成するのが一般的です。たとえば以下のようなものです。

量この文章はダミーです。文字の大きさ、量、字間、行間等を確認するために入れています。この文章はダミーです。

この文章はダミーです。文字の大きさ、量、字間、行間等を確認するために入れています。この文章はダミーです。文字の大きさ、量、字間、行間等を確認するために入れています

当ホームページにお越しいただき、ありがとうございます。 占い師専門ホームページ制作代行 をしております、大森一(おおもりはじめ) です。当方では占い師の存在意義を表して鑑定のきっかけとなるWebサイトを制作しております。

占い師専門サイト制作代行とは? 当サイトが選ばれる理由

私の存在意義とは私が占いとWeb制作の両方に、リテラシーを持つことにあります。そんな私がサイト制作をすることにより、以下3点が実現できると言えます。
  • 占いという分かりにくい知見トピックの価値が、お客様に伝わる
  • 他の占い師ではなくて、あなたがお客様に選ばれる理由が明らかになる
  • 結果として経済的により活動しやすい状況が、その占い師に生まれる

占い師にWebサイトが必要な理由

お客様に選ばれるきっかけを作るにはどうすれば良いのでしょうか?それは
  • あなたの人柄
  • あなたの強み
  • あなたの考え方
  • あなたが夢中になれること
  • あなたが経験してきた過去
  • あなたが克服してきた悩み
つまりあなたの人間性を表現する事が もっとも重要と言えます。それはつまり、
  • あなたが最も貢献できるお客様はいったいどんな方なのか
  • そのお客様がどんな悩みを抱えているのか
  • お客様の悩みにあなたがなぜ最高の答えを導けるのか
という問いについて、答えを出すことです。   多くの占い師が スキル(占術) だけで競っています。しかしお客様からすればスキルだけでは、あなたは他の占い師でも代わりがきいてしまう存在となりかねません。生年月日など入力すればある程度の答えを教えてくれる無料プログラムがインターネット上には存在します。スキルだけを拠り所にすれば、ひょっとしたら占い師の技術は代わりがきくものになってしまうのかもしれません。 しかし思い出してみて下さい。 心が安心するやり取り、勇気が湧いてくるやりとりとは、話し相手が占い師であれ誰であれ、特定の誰かとのコミュニケーションの中にあるのではないのでしょうか? それは他の誰かでは代わりの効かない相手だったのではないのでしょうか? 「あなたがどんな人なのか」「どんな人の悩みにアプローチできるのか」表現する事ができれば、来ていただきたいそのお客様に、自然と来ていただく事ができるのではないのでしょうか? スキルだけに光を当てるのではありません。あなたの人間性にどう光を当てるのか。その一手を突き詰めていくことが、この時代における文字通りの全てなのです。  

悩める私に希望をもたらしたある占い師

かつての私はとある悩みを抱えていました。それは、自分がいったい何を拠り所にして生きて、何のために生きたらよいのか、自分を納得させてくれる叡智が見つからなかった事でした。 誰かえらい人の経験則や権威性や体感は、基本的には信頼性の高いアプローチでしょう。人によってはそれがものすごく決定的なサポートになります。しかし偉い人の言葉だけではサポートしきれない人がいる事を私は体感しています。 そのきっかけはかつて私がうつ病になった時のことでした。 私はかつてうつ病がきっかけて失業して、生き方に迷っていた時期があります。当時の私はとある精神科医の元を訪れていました。「うつ状態を治すにはどうすれば良いのか、私は今後どう生きればよいのか、私はどう在ればよいのか、、、」私はそう尋ねてみたのです。するとその精神科医は
  • 失業したならば安定した公務員にでもなるのがいいんじゃないか・・
  • 薬は効かなくても飲み続けるしかないんじゃないかな・・
  • 生活を維持して社会人をやるのが大人の責務じゃないかな・・
  • 本音ベースで何をやるのかに気をむけるなんて、あなたには難しいことじゃないかな・・
などという答えを返すばかりでした。 私は愕然としました。なぜなら仮に精神薬がどんなに信頼できる代物だったとしても、そんな考え方には絶望しか見いだせなかったからです。とてもお金を払いたいとは思えない、一般的信頼性や権威性など極論どうでも良い。生理的なレベルでその人と関わりたくない。 正解なんか極論いらない。そんな事よりも「希望」が欲しい。当時の私はそう思いました。 そんな時に「そんな考えを信じる必要はない。あなたにはあなたの道がある」と諭してくれたのが、当時 出会ったとある占い師でした。彼は占いのみならず、中国五術(中国古典医学)や心理学や精神医学をマスターした達人でした。彼は私にこう諭しました。
・人間には その人にあった役割があること ・古から使われてきた占いは、古の経験則の集積であり、現実的判断を下すサポートになる事 ・「答えは内側にある」という言葉の意味は、「行動する事によってのみ 現実は拓かれる」 (自分が納得できる答えは元々みんな自分の心で薄々気づいているのだが、それは行動して現実が納得できる形に変わって、初めて「答えは内側にあった」と思えるようになる) という意味だ ・私は精神科医としての知見を極めるために、ある時には貨物船に乗り込んでは途中で降ろされた地で皿洗いして旅費を稼ぎ、ある時にはユングとフロイトを原文ドイツ語で読むために独学した。中国伝統医療と古典占術を極めるために、ある時にはアメリカでしていた精神科医を30歳にして辞めて中国伝統医療の大学に入学し、ある時には借金1億円をし、ある時には大富豪の専属医になって借金を代行返済してもらった。やる気があれば道は拓ける。君も内側の答えに従いなさい。
占いによって導かれた性格分析、上っ面の言葉にとどまらない実体験ベースの体験知、精神科医としての満たされなさ、男として磨き抜いた在り方に、私は衝撃を受けました。 彼は占いの技術でアドバイスしませんでした。権威性や知名度を拠り所とせず、彼は彼の言葉で僕に諭しました。彼の言葉は私にとって、他の誰かで代わりがきくアドバイスでは、ありませんでした。 お客様の心を射抜けるのは占いの技術ではありません。権威性や知名度でもありません。極論のところ占いの精度ではないのです。あなたの在り方が、あなたの言葉として伝わって、お客様が共鳴するかどうかなのです。 そしてWebサイト制作の技術は、デザインと言葉によって、お客様にあなたの言葉をとどける橋渡しとなりうるものなのです。

しかし、それは一部の人が知るのみでした。リピートが耐えないその達人の叡智も、存在意義のわかりにくさ、現代人には理解しにくいとっつきにくさゆえ、あまり人知れないものでした。体感ベースの凄みに圧倒される私も、その人気のなさに、なんとも言えないものを感じたのでした。 セッションのさなか、私は達人にこう聞きました。「先生、この治療院は儲かっているのですか?」先生はこう答えました「???。 うーん、、儲かっているのかなあ。」 その言葉に私は、なんとも言えない気分を感じたのでした。 なぜなら、その言葉を聞いた私は、彼が儲けているかどうか以上に、その叡智がどれほど伝わっているのか、疑問を感じざるえなかったからです。
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました